ホルモン剤の副作用

自律神経失調症を克服しよう - 自律神経失調症ガイド
トップ > 女性ホルモン剤

女性ホルモン剤の効果

女性ホルモン剤の副作用

女性ホルモン剤の投与は、メリットばかりではありません。

もちろん、デメリットもあります。

参考記事
女性ホルモン剤の投与について

不妊治療で女性ホルモン剤を投与した場合には、吐き気や嘔吐などの
つわりに似た症状を訴えることがあります。

又、ホルモン剤を投与すると太りやすくなることもよく知られています。

ホルモン剤の投与による副作用について、以下にまとめました。


【ホルモン剤の投与による副作用】

  • 発疹
  • 顔のむくみ
  • 食欲不振
  • 頭痛、めまい、肩こり
  • 身体のだるさ
  • 発汗、発熱など
  • 吐き気
  • のぼせ

これらの症状は、更年期障害や自律神経失調症
とよく似た症状でもあります。

女性ホルモン剤の発がん性の真実

時折、ホルモン剤の副作用として、癌になる可能性があることを
耳にされる女性も多いかと思います。

女性ホルモン剤が最も使用されていた国は、西欧(ヨーロッパ)です。

特に更年期以降の身体の辛さを緩和するために使われ、国民の半数
以上の女性が一度はホルモン剤を使われていた時期もありました。

そして、西欧から日本にホルモン剤が普及するように なったのです。

しかし、アメリカにおけるホルモン剤に関する研究報告で、
「長期に渡るホルモン剤の使用は、ガンの恐れがある」
ということが発表されました。

日本においては、この研究成果をそのまま採用せず、あくまで閉経
するまでの短期間の使用においては、症状の進行を注意深く行うことで、
発ガンのリスクは大変低く、メリットの方がはるかに大きいと判断されたようです。

現実的に、患者さんにとっても発ガンのリスクや身体の辛さを堪えるより、
ホルモン剤を投与した方が良いと考えているようです。

ホルモン剤の投与による副作用の症状がひどい場合には、医師にきちんと
相談し、ホルモン剤に対する副作用を軽減するための処方をしてもらう
ことをお勧めしています。

最近では、ホルモン剤の投与による副作用を嫌う女性も増えており、
薬を使わない治療に興味をもたれている女性が増えています。

ホルモンとは

エストロゲンとは

プロゲステロンとは



鍼灸治療での改善例

痛み、しびれ、体調不良などでお悩みの方にお勧めしたいのが鍼灸治療です。
鍼灸治療は自律神経を整え、免疫力を向上させるので体質改善につながります。
ここでは鍼灸治療により、改善された方々のお喜びの声をご紹介いたします。



自律神経失調症とストレス

自己診断チェック

自律神経に効くツボ

鍼灸治療

女性ホルモン

具体的な症例

芸能・著名人の克服体験


体験会

お気に入りに追加

通院エリア

東京都
足立区荒川区文京区葛飾区、大田区、北区、江東区、江戸川区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、練馬区、中野区、板橋区、港区、目黒区、
千葉県
松戸市柏市、千葉市、我孫子市、野田市、市川市、船橋市、習志野市、浦安市、流山市、鎌ヶ谷市、八千代市
埼玉県
八潮市三郷市草加市越谷市、吉川市、川口市、岩槻市、さいたま市、春日部市、戸田市、蕨市、さいたま市、所沢市、秩父市、幸手市、久喜市、白岡市、蓮田市
神奈川県
川崎市 横浜市 藤澤氏 厚木市 相模原市
茨城県
つくばみらい市 守谷市 取手市 つくば市 牛久市 龍ヶ崎市 土浦市 かすみがうら市
栃木県
宇都宮市 小山市 栃木市 矢板市

すずらん鍼灸院