ストレスチェック制度の必要性

トップ > ストレスチェック制度の必要性

ストレスチェック制度について

現在、精神疾患は身近な病気になりつつある

女性のイメージ写真

近年、メンタル不調を訴える方が増えました。
例えば一昔前は、うつ病と聞くと何か特殊な病気のように思われ、周りに公表しにくい雰囲気が根強くありましたが、今では、うつ病は身近な病気として知られるようになりました。

さらに精神疾患はうつ病だけでなく、自律神経失調症、神経症、パニック障害、不安障害、躁うつ病など正式に病名として認定されている病名は数多くあります。

そして正式な病気(疾患)ではないですが、うつ病の前兆症状を
「プチうつ」「軽症うつ」「マタニティブルー」のようにソフトな
言い回しをする呼び名まで存在しています。

メンタル不調の原因の多くは職場環境にある!?

これらのメンタル不調の原因は、性格的な要因、家庭環境的な要因など
様々ですが、特に職場による要因が大きいとされています。

職場の具体的な要因として、長期不況によるリストラ、減給、左遷、倒産
などがありますが、それ以上に人間関係や過剰労働時間の要因が
大きいという現実があります。

特に、近年、ブラック企業の問題や過剰労働が原因で自ら命を
絶たれることも増え、社会問題にまでなっています。

定年退職者を除いた20代~65歳までの年代は生産年齢人口と
言われ、日本の人口の多くを占め、大半の人は週5回、もしくは
それ以上の期間を職場で過ごすことになります。

今では、働き方改革で極端な過剰労働は減ったかもしれませんが、
普通のサラリーマンであれば、週5回、朝から夜まで会社で
働くことになります。

もし、職場の環境が良好でない場合は、まさに1年の大半の日数を
憂鬱な思いで過ごすことになります。

2015年12月1日、ストレスチェック制度の施工が開始

男性のイラスト

こういった背景から、精神的な病を患う原因として最も可能性の高い
職場環境の改善が国として大きな課題となってきたのです。

大多数の労働者にとって、メンタル不調と職場の労働環境は切っても
切れない関係にあります。

そこで厚生労働省では、労働者のメンタル不調を事前に防止
することを目的として、2015年12月1日にストレスチェック
制度の導入が義務づけられることになりました。

ストレスチェック制度は、労働者自ら健康・メンタルの
状態をセルフチェックすることができます。そして、高ストレス者
に対しては、医師による適切なアドバイスが頂け、職場の改善を
事業者に要求することができるようになります。

つまり、ストレスチェック制度の目的を要約すると、「労働者のストレスへの気付き
を促すこと」「ストレスの原因となる職場の見直し」の2点になるのです。

ストレスチェック一覧

鍼灸治療での改善例

痛み、しびれ、体調不良などでお悩みの方にお勧めしたいのが鍼灸治療です。
鍼灸治療は自律神経を整え、免疫力を向上させるので体質改善につながります。
ここでは鍼灸治療により、改善された方々のお喜びの声をご紹介いたします。




自律神経失調症とストレス

よくある症状

自己診断チェック

ストレスチェック

自律神経に効くツボ

自律神経失調症と鍼灸治療

女性ホルモン

誤診されやすい病気

芸能・著名人の克服体験

通院エリア


本格診断チェック

かんたんセルフチェック

レディース鍼灸院

不妊症