誤診されやすい病気~更年期障害編

トップ > 更年期障害と自律神経失調症の関係

女性特有の病気、更年期障害

更年期障害と自律神経失調症の関係

更年期障害について

更年期障害のイメージ写真

女性は、40代後半から50代前半にかけて更年期が訪れます。
更年期に入ると、女性ホルモンの分泌が急激に減少します。

女性ホルモン分泌の急な衰えによって、自律神経の働きが乱れ、頭痛や肩こり、のぼせや冷え、疲労、不眠、不正出血などの症状(不定愁訴)を引き起こすことがあります。

これを、更年期障害と言い、女性特有の症状です。

更年期障害の症状
神経系 のぼせ、発汗、冷え、動悸、息切れ、むくみ、疲労感
頭痛、めまい、不眠、不安感、いらいら
筋肉関節系 腰痛、肩こり、関節痛、背部痛、筋肉痛
皮膚系 皮膚の乾燥、かゆみ、しわ、くすみ

更年期障害と自律神経失調症の違い

更年期障害と自律神経失調症の違い

自律神経失調症の患者の割合を調べると、
女性は男性の2倍以上の確率で発病しています。

更年期障害自身が、自律神経の乱れを誘因することがあり、
自律神経失調症は更年期障害の
代表的な症状の一つとも言えます。
又、患者の割合を調べると、
女性は男性の2倍以上の確率で発病しています。

一般的な自律神経失調症は、会社のストレスや深夜の残業などで
生活リズムが不規則になって発病するのが主な原因です。

これに対し、更年期障害が元で発病した自律神経失調症は、
女性特有の体質から生じたものなのです。

更年期障害の治療と対策

更年期障害の一般的な治療と対策

誰もが、更年期障害の治療を必要とするわけではありませんが、症状がひどい
時には、婦人科での処方、漢方薬の投与が一般的に行われます。

しかし、更年期障害の現れ方は、人により異なります。
更年期障害になったからといって、自律神経失調症にならない方もいるのです。

自律神経失調症になりやすい方は、傾向としてストレスに弱いタイプの方が
多く、いつまでもくよくよしたり、神経質、取り越し苦労など、
悲観的な考えをする方が多い傾向にあります。

そうゆう方達に共通して言えるのは、ストレス発散の仕方をあまり持ってないということです。

病院に通っていても、更年期障害を作っている根本の原因を正さない限り、
症状はなかなか改善されないのが現実です。

積極的で未来型思考を持ち、スポーツ、東洋医学を取り入れてストレス発散するなど、
日常の生活スタイルの改善をすることが、更年期障害の対策に最も有効な方法なのです。

誤診されやすい病気

更年期障害でお悩みではありませんか?


自律神経失調症とストレス

よくある症状

自己診断チェック

ストレスチェック

自律神経に効くツボ

自律神経失調症と鍼灸治療

女性ホルモン

誤診されやすい病気

芸能・著名人の克服体験

通院エリア


本格診断チェック

かんたんセルフチェック

レディース鍼灸院

不妊症