めまいのメカニズムと改善方法

トップ > 自律神経失調症の症状 > めまい


めまいを克服する知恵とコツ

めまいの原因

めまいのイメージ写真

めまいは、前庭小脳と呼ばれる部分の異常により生じる症状です。
目や耳、手足など、全身の自律神経から送られる情報は、全てこの前庭小脳に集まります。

このとき情報があまりにも多すぎると、自律神経から送られる情報のコントロールが狂い、身体の平衡感覚が保てなくなります。

この狂いからめまいが生じてきます。

身体の平衡感覚が狂うと、身体全体のコントロールに支障が生じるので、めまいだけでなく、頭痛、首や肩のこり、耳鳴り、冷や汗、吐き気などの症状を同時に引き起こすことがあります。

回転性めまいと非回転性めまい

めまいは、一般的に次の二つにわけられます。

回転性めまい 耳の疾患、脳幹や小脳の病気により生じるめまい
非回転性めまい 自律神経系の疾患により生じるめまい

回転性めまいの症状は、回りがぐるぐるまわっているように見えます。
これに対し、非回転性めまいは、宙に浮いているようなふらつきを感じます。

ここでは、自律神経系の疾患のときに生じる非回転性めまいについて説明します。

頸性(けいせい)めまいとは

最も多いめまいは、頸性(けいせい)めまいと呼ばれる症状です。

頸性めまいは、非回転性めまいの中で、最も代表的な症状で、
めまいだけでなく、肩や首のこりを伴うことがほとんどです。

頸性めまいの根本の原因は、「デスクワークを中心としたパソコン業務」、
「テレビゲーム」「細かい仕事をして無理な姿勢を保っている」など、
腰や肩に負担のかかる仕事をしている人が、非常に増えたことにあります。

めまいの予防と対処法

自分でできるめまいの予防法

めまいを事前に予防する主な方法を、以下にまとめてみました。

悪い生活習慣の見直し

めまいが慢性化する原因として、悪い生活習慣があげられます。

寝転がる猫イラスト

「夜ふかしが多い」
「偏った食事」
「まったく 運動しない」

などは典型的な悪い生活習慣に当たります。
生活習慣が悪ければ、医師の治療を受られても根本的な解決にはなりません。

一度、ご自分の生活習慣を見直してみましょう。

気持ちをリラックスさせる

リラックスしている写真

めまいと精神的な気持ちが連動することがよくあります。

例えば、極度の緊張状態もそうです。 その緊張状態が一時的なものでなく、長く続いているようでしたら、性格的な気質を見直してみる必要があります。

あっさりしようと思えば、気質はけっこう変えられるものです。

「持越苦労」「取越苦労」「くよくよする」タイプと思われた人は、あっさりした性格を心がけ、気持ちをリラックスできるように心がけてみましょう。


薬に頼りすぎない

薬の写真

急なめまいを緩和するために、もちろん薬は有効です。

ただ、めまいが怖いからといって、常に薬に頼っている場合は、身体にとってマイナスです。

めまいが起きているときは、平衡感覚を取り戻すツボ押し、「首をゆっくりまわす」なども効果的です。

元気なときには、ストレッチ体操や有酸素運動を日常生活に取り入れることで、慢性的なめまいを軽減することもできます。

※めまいがひどい場合には、脳に疾患がある可能性があります。この場合は、上記の予防法は行わず、一度専門医の検査を優先的にお受けになられることをお勧めしています。

めまいが生じたときの対処法

頸性めまいの改善

めまい

この頸性めまいと緊張型頭痛は、本質的に同じようなもので、
体型の違いにより、凝る部位が違ってきます。

頸性めまいの大きな特徴は、緊張型頭痛と同じように首筋や背中が
カチカチに堅くなっています。

特に背骨は椎骨(ついこつ)と呼ばれる骨が重なりあってできています。
この椎骨と椎骨の狭いスキマから自律神経が外に伸びています。

ですから、カチカチに凝り固まった背筋や首筋を柔らかくするだけで、
劇的に改善されることが多いです。

めまいが生じたときの対処法

鍼灸写真

めまいが生じたときは無理をせず、横になるか、楽な姿勢で身体を休める必要があります。

そして、内科や耳鼻科などの専門医に一度、診察されるとよいでしょう。

ただし、通常と違うめまいが生じている場合には、重大な疾患が生じている可能性がありますので、脳外科や神経内科の診断を先に受けられるとよいかと思います。

このように、最初に病院の診察をお勧めする理由は、身体に疾患が現れていないかを確認するためのものです。

耳鼻科や脳外科の検査を受けても異常はなく、めまいが止まらないときは、自律神経失調症の可能性が極めて高いと言えます。

自律神経失調症が原因によるめまいは、病院や脳外科の治療、めまいを抑制する薬ではなかなか治るものでは ありません。

自律神経失調症による頭痛の治療は、鍼灸がとても有効です。

慢性的なめまいに悩まれている方がおりましたら、一度は 鍼灸治療を受けられることをお勧めしております。



鍼灸治療での改善例

痛み、しびれ、体調不良などでお悩みの方にお勧めしたいのが鍼灸治療です。
鍼灸治療は自律神経を整え、免疫力を向上させるので体質改善につながります。
ここでは鍼灸治療により、改善された方々のお喜びの声をご紹介いたします。

患者様の感想
患者様の感想
患者様の感想
患者様の感想

自律神経失調症とストレス

自己診断チェック

自律神経に効くツボ

鍼灸治療

女性ホルモン

具体的な症例

芸能・著名人の克服体験


お気に入りに追加

通院エリア

東京都
足立区荒川区文京区葛飾区、大田区、北区、江東区、江戸川区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、練馬区、中野区、板橋区、港区、目黒区、
千葉県
松戸市柏市、千葉市、我孫子市、野田市、市川市、船橋市、習志野市、浦安市、流山市、鎌ヶ谷市、八千代市
埼玉県
八潮市三郷市草加市越谷市、吉川市、川口市、岩槻市、さいたま市、春日部市、戸田市、蕨市、さいたま市、所沢市、秩父市、幸手市、久喜市、白岡市、蓮田市
神奈川県
川崎市 横浜市 藤澤氏 厚木市 相模原市
茨城県
つくばみらい市 守谷市 取手市 つくば市 牛久市 龍ヶ崎市 土浦市 かすみがうら市
栃木県
宇都宮市 小山市 栃木市 矢板市

すずらん鍼灸院