自律神経失調症と生活習慣について

トップ > 不規則な生活習慣が自律神経失調症


不規則な生活習慣が自律神経失調症を招く

イメージ写真

人間の身体は、多少身体に負担がかかることを行っても、自然に回復するように出来ています。

しかし、悪い生活習慣が日々続くようになると、人間の本来持つ治癒力の限界を越え、身体に様々な不調を生じるようになります。

例えば、「寝る時間が不規則」「寝不足」「食べるものが偏りがち」、「運動不足」などの状態が長く続くようになると、自律神経に異常を生じるようになります。

このように自律神経と生活習慣には密接な関係があります。
自律神経失調症は、「あなたの不規則な生活習慣を改善しなさい」というメッセージでもあるのです。

自律神経に悪い生活習慣とは

さて、ここで自律神経にとって、よくない生活習慣とは
何であるかを考えてみたいと思います。

これまで、多くの自律神経失調症に悩む患者さんの治療をしてきたところ、
意外にも悪い生活習慣が何かを明確に意識していた方は多くありませんでした。

ここで悪い生活習慣を簡単にチェックできる表をまとめてみました。

長年、習慣になっていることは、無意識のうちに行っているものがあります。
悪い生活習慣を知らずに身につけている方も決して少なくないのです。
ぜひ、チェックしてみてはいかがですか?

自律神経に悪影響を及ぼす生活習慣をチェック

  • 毎日、寝る時間が不規則である
  • 食事の栄養バランスが悪い(例 野菜より肉食が多い、カルシウム不足)
  • 間食が多い
  • 運動の習慣がない
  • 呼吸が浅い
  • あまいものが好き。あるいは砂糖をとりすぎている
  • コーヒーをよく飲む
  • よく噛んで食べる習慣がない
  • 深酒をよくする
  • 毎日忙しく、休む暇がない
  • 仕事などの悩みを常にかかえている
  • 毎日お酒を飲む。あるいはお酒の飲む量が多い
  • たばこを毎日吸う
  • 自分は吸わないけど、回りに吸う人がたくさんいる
  • 毎日、3食とっていない
  • お風呂に入るより、シャワーが多い
  • 家族団らんで食事をとっていない
  • ストレスを発散する趣味、あるいは方法がない
  • 家族、仕事上のことでトラブルが多い
  • 朝、起きる時間がバラバラである

判定 チェック数

0項目 まったく問題なし
1~3項目 問題なし
4~8項目 大きな問題はないが、少し用心すべき
9~14項目 自律神経失調症予備軍。要注意
15項目以上 早急に生活習慣を変える必要あり

自律神経失調症について



鍼灸治療での改善例

痛み、しびれ、体調不良などでお悩みの方にお勧めしたいのが鍼灸治療です。
鍼灸治療は自律神経を整え、免疫力を向上させるので体質改善につながります。
ここでは鍼灸治療により、改善された方々のお喜びの声をご紹介いたします。

自律神経失調症とストレス

自己診断チェック

自律神経に効くツボ

鍼灸治療

女性ホルモン

具体的な症例

芸能・著名人の克服体験


お気に入りに追加

通院エリア

東京都
足立区荒川区文京区葛飾区、大田区、北区、江東区、江戸川区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、練馬区、中野区、板橋区、港区、目黒区、
千葉県
松戸市柏市、千葉市、我孫子市、野田市、市川市、船橋市、習志野市、浦安市、流山市、鎌ヶ谷市、八千代市
埼玉県
八潮市三郷市草加市越谷市、吉川市、川口市、岩槻市、さいたま市、春日部市、戸田市、蕨市、さいたま市、所沢市、秩父市、幸手市、久喜市、白岡市、蓮田市
神奈川県
川崎市 横浜市 藤澤氏 厚木市 相模原市
茨城県
つくばみらい市 守谷市 取手市 つくば市 牛久市 龍ヶ崎市 土浦市 かすみがうら市
栃木県
宇都宮市 小山市 栃木市 矢板市

すずらん鍼灸院