自律神経失調症と病院に行く前に準備すること

トップ > 病院に行く前に準備すること

早期発見・早期治療で辛い症状を克服しよう!

病院・専門医に行く前に

自律神経失調症と思ったら

院長写真

もしかしたら、私って自律神経失調症なのでは・・・?
そう思っている方もいるでしょう。

もちろん、自律神経失調症も風邪と同じように早期発見・治療が大切です。 単なる風邪も放置していたら、肺炎をこじらせ、ときには死に至ることだってあります。

同様に、自律神経失調症も早期治療・早期発見が大切です。
我慢せず・恐れず・悩まずに、早めに病院や専門医で診てもらう
必要があります。

内科、耳鼻科、鍼灸治療も選択の一つ

専門医に行く前に

ところで、どの病院で診察を受ければいいの?
精神病院、それとも総合病院の神経科・・・?

ごく軽い耳鳴りやめまい、肩や腰のこりなど、初期症状による身体の不調であれば、
近くの整形外科や耳鼻科で診察を受け、
ゆっくり休養をとるだけで症状が改善することもあります。

また、最近、雑誌で取り上げられているように、軽度の自律神経系の病なら、
鍼灸が大変有効と評判になっています。

鍼灸は、特に再発予防に適しており、値段も手頃なので、
一回は試してみたいと思う方が大変増えています。

症状が軽いなら、最初から心療内科や精神病の専門医に行かず、
病院の内科や耳鼻科、鍼灸を受けてみるのも一つの選択肢です。

これらの病院で検査を行い、重要な病気ではなかったということがわかるだけでも、
大変意味のあることです。


専門病院の診察を受ける前に知っておくべきこと

専門医に行く前に準備すること

一般内科や耳鼻科で症状が改善されなかった場合には、
心療内科や精神科のある病院やクリニックで、本格的な治療をする必要があります。

専門病院では、最初の診断のときに電話による予約が必要な場合があります。

そして、電話を通して病院の医師が診察が必要かどうかを判断します。
そのため、専門病院に行く前に、診断を受けさせてくれるかを確認をしたほうが良いです。

ところで専門医は、電話でのやり取りで何を聞いて、
診断可否の判断をするのでしょうか。

それは、主に次の2つになります。

  • 「何となく体調がすぐれない」「何となく首が痛い」「何となくだるい」 など、
    明確に悪い箇所や症状が特定できず、不定愁訴(ふていしゅうそ) がある
  • どこの病院に行っても、病名が特定できず、体調が改善されない

電話調査のときに、症状が軽かったり、自律神経失調症でなく、
他に問題があると判断されれば、先ほどお話した、
一般科や整形外科を紹介されることがあります。

専門病院で診察をうける際には、予め電話で診断可能かどうかチェックしておきましょう。

病院選びのポイントとは

病院の先生との相性が合うかも大事

心療内科の治療は、1回、2回の診察で終わることは稀で、
とても時間のかかる治療となります。

長期間、病院に通うことになることがむしろ多いので、
先生との相性がとても重要になります。

どの病院の先生が良いかについては、先生によって性格が違い、
カウンセリングや治療ステップにも違いがあります。

そして患者さんの性格や考え方にも違いがあります。

どんなに有名な先生であっても性格が合わず、
病院に通うのが苦痛になり、先生との信頼関係を築くことが
できなければ満足な治療を行うことはできなくなります。

そのため、ネットや実際に病院に通った経験のある患者さんの生の
声を調べ、先生の評判を調べておくことも必要です。

中には病院を頻繁に変えてしまう患者さんも
時々いますが、病院を次々変えても
病気が治るかと言えば、たいへん厳しいと思います。

どの先生とも相性が合わないと思っている場合は、
むしろ先生をもう少し信頼してみる必要があります。

そして、自律神経失調症を根本的に治すのは、病院の薬や先生のみならず
自己信頼も大切になります。

まったく相性の合わない先生もいますが、
ご本人様にもある程度先生を信頼して診察を受ける気持ちも
必要になります。

自律神経失調症を克服するためには、先生との信頼関係は
外すことのできない大切な要因でもあるのです。

鍼灸治療での改善例

痛み、しびれ、体調不良などでお悩みの方にお勧めしたいのが鍼灸治療です。
鍼灸治療は自律神経を整え、免疫力を向上させるので体質改善につながります。
ここでは鍼灸治療により、改善された方々のお喜びの声をご紹介いたします。




自律神経失調症とストレス

自己診断チェック

自律神経に効くツボ

鍼灸治療

女性ホルモン

誤診されやすい病気

芸能・著名人の克服体験

通院エリア


レディース鍼灸院

不妊症