過活動膀胱炎の種類と改善・治療方法について

トップ > 自律神経失調症の症状 > 過活動膀胱炎


過活動膀胱炎の種類と改善・治療方法

過活動膀胱の種類

尿のトラブルイメージ

過活動膀胱は、近年、正式な疾患名として公式に名付けられた排尿障害の一つです。

過活動膀胱は「OBA(over active bladder)」とも言われ、膀胱が正常に機能しなくことによって、尿漏れや尿失禁を生じる疾患を言います。

過活動膀胱の原因は、膀胱がコントロール不能になることから生じます。
そして、過活動膀胱の原因を分類すると、「神経因性」「非神経因性」 に分けることができます。

神経因性は、脳卒中や脳障害、脊髄損傷などの神経系統の異常により生じます。

これに対し、非神経因性は、神経因性以外いわゆる加齢や骨盤底筋の機能低下などが原因となって生じます。


近年の調査によると、過活動膀胱は高齢者に多く、40歳以上の男女で約12%の人が患っていると言われていますが、近年、若年者による発症率が増えております。

また、原因不明の過活動膀胱は、間質性膀胱炎として扱われております。

参考 間質性膀胱炎の改善・治療方法

過活動膀胱炎の改善と治療方法

過活動膀胱の治療は主に泌尿科で行います。
泌尿科では薬物療法がメインになりますが、補足的に
行動療法、電気による刺激療法を行うことがあります。

行動療法は膀胱や骨盤底筋を鍛えるための運動法で、
電気療法は電気により膀胱や骨盤底筋の機能を高めます。

薬物療法は、膀胱の異常な活動を抑制する効果があるため、
基本的に改善効果は現れます。

これらの治療は対処療法のため、一時的に緩和される
ことはあっても、治療や薬をやめると再発する
ことがあります。

過活動膀胱は、膀胱や骨盤底筋の働きが加齢などによって
著しく低下している状態です。

医師の中には、過活動膀胱の原因は年齢によるものなので、
薬で一時期緩和できるものの、一度かかったら治らないと
主張する方もいます。

そのため、過活動膀胱は慢性化しやすいとも言われています。

もし、このような状態で悩まれている方がいましたら、
一度は鍼灸治療をお試しされることをお勧めします。

これまで、多くの患者さんが鍼灸を行って、症状が劇的に
改善されたという報告は多くあります。

鍼灸治療では、膀胱や骨盤底筋の免疫力を高めることで、
本来の機能を取り戻し、膀胱のトラブルを根底から なくして
いく治療
を行っていきます。



鍼灸治療での改善例

痛み、しびれ、体調不良などでお悩みの方にお勧めしたいのが鍼灸治療です。
鍼灸治療は自律神経を整え、免疫力を向上させるので体質改善につながります。
ここでは鍼灸治療により、改善された方々のお喜びの声をご紹介いたします。

患者様の感想
患者様の感想
患者様の感想
患者様の感想

自律神経失調症とストレス

自己診断チェック

自律神経に効くツボ

鍼灸治療

女性ホルモン

具体的な症例

芸能・著名人の克服体験


お気に入りに追加

通院エリア

東京都
足立区荒川区文京区葛飾区、大田区、北区、江東区、江戸川区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、練馬区、中野区、板橋区、港区、目黒区、
千葉県
松戸市柏市、千葉市、我孫子市、野田市、市川市、船橋市、習志野市、浦安市、流山市、鎌ヶ谷市、八千代市
埼玉県
八潮市三郷市草加市越谷市、吉川市、川口市、岩槻市、さいたま市、春日部市、戸田市、蕨市、さいたま市、所沢市、秩父市、幸手市、久喜市、白岡市、蓮田市
神奈川県
川崎市 横浜市 藤澤氏 厚木市 相模原市
茨城県
つくばみらい市 守谷市 取手市 つくば市 牛久市 龍ヶ崎市 土浦市 かすみがうら市
栃木県
宇都宮市 小山市 栃木市 矢板市

すずらん鍼灸院