息切れの原因・症状と鍼灸治療

自律神経失調症を克服しよう - 自律神経失調症ガイド
トップ > 自律神経失調症の症状 > 息切れ


息切れの原因

急な動作や激しい運動を行うと、どんな健康な人でも息切れが生じます。運動不足になると以前よりも早く息切れが生じるようになります。

このような息切れの場合は、明確な原因があるため、さほど問題ではありません。しかし、激しい運動をしているわけではなく、普通に生活している時に、突然息切れが起きる場合には、体に異常があると考えられます。

息切れは、心臓や肺、あるいは中枢神経や脳に異常を起こし、
体内の酸素が欠乏したときに生じます。

ここで息切れの主な原因をあげると、以下のようになります。

■呼吸器系の疾患

上気道、気管、気管支、肺などに生じる疾患。気管支炎、肺炎、
感染症(インフルエンザ)、肺癌、喉頭癌、喘息などが該当します。

■循環器系の疾患

血液やリンパを運び、体内を循環させる内臓器官に異常を伴う疾患。
高血圧、感染、心不全、狭心症、心筋梗塞、貧血、
不整脈、心筋症、心臓弁膜症が該当します。

■脳・神経の疾患

脳卒中や神経疾患を示します。パーキンソン病、脳腫瘍、脳梗塞、
くも膜下出血、脳内出血、更年期障害、自律神経失調症などが該当します。

上記のように、息切れには、重大な疾患が生じている場合があり、
注意が必要です。

息切れの症状

息切れの症状が出た場合に、医療機関が息切れの重症度を確認する方法として、「ヒュー・ジョーンズ分類」と呼ばれる確認法がよく用いられます。

ヒュー・ジョーンズ分類では、息切れの重症度を5段階に分けて分類します。

【ヒュー・ジョーンズ分類】
  • 1 Ⅰ 同年齢の健康者と同様の労作ができ,歩行,階段昇降も健康者並みにできる。
  • 2 Ⅱ 同年齢の健康者と同様に歩行できるが,坂道・階段は健康者並みにはできない。
  • 3 Ⅲ 平地でも健康者並みに歩けないが,自分のペースなら1マイル(1.6km)以上歩ける。
  • 4 Ⅳ 休み休みでなければ50m以上歩けない。
  • 5 Ⅴ 会話・着替えにも息切れがする。息切れの為外出できない。

上記の分類は、数字が大きくなるほど症状が重くなります。
ヒュー・ジョーンズ分類は、息切れの度合いを確認する方法として
大変有効であり、多くの医療機関で用いられています。

西洋医学の治療

息切れの治療は、原因を特定することが極めて重要
なります。

まず、呼吸器系か循環器系のどちらに異常があるかを特定し、どちらにも異常がなければ、脳・神経系統を検査することになります。

そこで検査をしても異常が見当たらず、息切れの原因が特定できない場合には、応急処置として以下の治療が行われます。


■酸素の注入

酸素の注入を行うことで、息切れの辛い症状を緩和させる方法。
簡易的な装置を自宅に設置する在宅酸素療法もあります。

■薬物の投与

薬を使って息切れの辛い症状を緩和させる方法。
代表的な薬として、モルヒネがあります。


呼吸器や循環器、もしくは脳系統に異常があった場合には、各専門医において
適切な治療を行うことになります。

近年増えているのが原因不明の息切れになります。
医療機関で精密検査を行ってもどの臓器にも異常がなく、息切れが起きる
患者さんが増えています。


原因不明の息切れの場合は、自律神経の異常が疑われるように
なります。

実は、自律神経失調症を患っている患者さんで
特に多い症状の一つに息切れがあります。

「じっとしているだけなのに、なぜか息苦しい」
「ちょっと動いただけで息切れをする」

という症状は自律神経失調症に見受けられる代表的な症状です。

ただ、自律神経失調症は、西洋医学では「腰痛」や「肩こり」
と同じような自覚症状として扱われています。

つまり、正式な病気として認められていないため、治療法が
確立されていないという現実があります。

鍼灸治療

息切れと自律神経は関係がないように思えますが、自律神経は人間の体の機能を正常にコントロールする重要な役割を果たしています。

自律神経が乱れると、体の機能が乱れ、体のどこで異常が起きてもけっしておかしくはないのです。息切れが慢性化している場合には、血流が悪化して体が常に緊張している状態でもあります。

鍼灸治療では、まず体の凝りを解消するツボに鍼を打ち、
体の凝りをほぐす治療を行います。

それと同時に、全身の状態を確認して、体のバランスが崩れている
部分に鍼を施し、全身のバランスを整える治療を行っていきます。

鍼を打つ場所は、人によって体の状態がまったく違うので、
患者さんにとって最適なツボに鍼を打ちます。
また、鍼灸には免疫力を高め、息切れの再発を防ぐ効果があります。

このように鍼灸は、血流の改善や筋緊張の緩和を実現し、交感神経と副交感神経の
二つの自律神経を整えることで、息切れの根本原因を取り除く治療を行います。

どの医療機関に行っても治らない息切れは、自律神経失調症の
疑いが強い
です。長年、慢性的な息切れに悩まれている方は、一度、
鍼灸をお試しすることをお勧めします。



鍼灸治療での改善例

痛み、しびれ、体調不良などでお悩みの方にお勧めしたいのが鍼灸治療です。
鍼灸治療は自律神経を整え、免疫力を向上させるので体質改善につながります。
ここでは鍼灸治療により、改善された方々のお喜びの声をご紹介いたします。

患者様の感想
患者様の感想
患者様の感想
患者様の感想


自律神経失調症とストレス

自己診断チェック

自律神経に効くツボ

鍼灸治療

女性ホルモン

具体的な症例

芸能・著名人の克服体験


体験会

お気に入りに追加

通院エリア

東京都
足立区荒川区文京区葛飾区、大田区、北区、江東区、江戸川区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、練馬区、中野区、板橋区、港区、目黒区、
千葉県
松戸市柏市、千葉市、我孫子市、野田市、市川市、船橋市、習志野市、浦安市、流山市、鎌ヶ谷市、八千代市
埼玉県
八潮市三郷市草加市越谷市、吉川市、川口市、岩槻市、さいたま市、春日部市、戸田市、蕨市、さいたま市、所沢市、秩父市、幸手市、久喜市、白岡市、蓮田市
神奈川県
川崎市 横浜市 藤澤氏 厚木市 相模原市
茨城県
つくばみらい市 守谷市 取手市 つくば市 牛久市 龍ヶ崎市 土浦市 かすみがうら市
栃木県
宇都宮市 小山市 栃木市 矢板市

すずらん鍼灸院