すすらん鍼灸院コラム

トップ > コラム一覧 > 基礎代謝を向上させる有酸素運動

免疫力を高め、基礎代謝を向上させる有酸素運動

免疫力を高める有酸素運動

有酸素運動は、通常の運動と違い、
呼吸を整えて新鮮な酸素を体内に取り入れる運動を言います。
私たちが無意識で行っている呼吸を「胸式呼吸」 と呼びます。

これに対し、有酸素運動のように呼吸を整えて行う方法を、「腹式呼吸」と呼んでいます。
通常の運動の場合は胸式呼吸となり、活動神経である「交感神経」が働きます。

これに対し、腹式呼吸は、リラックス神経である副交感神経を活性化させます。

自律神経は、交感神経と副交感神経から成り立っています。
近年においては、睡眠時間が短くなり、リラックス出来る時間が減少傾向にあります。
副交感神経の働きが低下しやすい環境下にあるのです。

そのため、副交感神経を意図的に働かせる運動は、
自律神経を整え、免疫力を高める効果があると言われています。

有酸素運動と無酸素運動

代表的な有酸素運動として、ジョギング、ウォーキング、
水泳、ストレッチ、サイクリング、ヨガなどがあります。

これに対し、短距離走やバーベル上げなど、短時間に強い力を
使う運動を「無酸素運動」と呼んでいます。

一般的に基礎代謝を上げ、免疫力を高める運動は、有酸素運動になります。
又、有酸素運動は、糖と脂肪を均一に消費します。
これに対し、無酸素運動は、脂肪が消費されることはなく、糖のみを消費させます。

このような背景から、無酸素運動よりも、
有酸素運動の方がダイエット効果が高いと言われているのです。

但し、無酸素運動は効果がないというわけではありません。

有酸素運動を取り入れる前に、無酸素運動を取り入れることにより、
基礎代謝を大きく高める効果があることがわかってきました。

よりダイエット効果を高めたい場合には、有酸素運動を行う前に、
短い時間でもよいので、無酸素運動を取り入れるようにしましょう。

運動の時間帯は早朝をお勧めしています。
太陽の光を十分に浴びることで、自律神経が活性化し、
ホルモンを安定化させ、免疫力を強める効果があります。


すずらん鍼灸院コラム

自律神経失調症でお悩みではありませんか?


自律神経失調症とストレス

よくある症状

自己診断チェック

ストレスチェック

自律神経に効くツボ

自律神経失調症と鍼灸治療

女性ホルモン

誤診されやすい病気

芸能・著名人の克服体験

通院エリア


本格診断チェック

かんたんセルフチェック

レディース鍼灸院

不妊症