すすらん鍼灸院コラム

トップ > コラム一覧 > 不妊克服は夜10時の睡眠

不妊克服は夜10時の睡眠から

睡眠ホルモン「メラトニン」について

寝ているイラスト

睡眠ホルモンと呼ばれる「メラトニン」をご存じですか?
メラトニンは、不妊対策というよりも、本来は時差ぼけを防止する薬の一部として使われています。
実は、このメラトニンが、不妊体質を克服する要素として注目され始めているのです。

ある研究によれば、不妊症に悩む女性たちにメラトニン効果を試した実験を行った結果、
妊娠する確率が高まったと発表され、注目を浴びました。

医学的にはまだ十分な証明はされていないのですが、
メラトニンには卵子、あるいは精子の質を高める効果がありそうだということが解明されたのです。
また、メラトニンは、日がのぼると減少し、日没になると増えることが明らかになっております。

つまり、メラトニンの発生量は、明るさと何らかの関係があります。

メラトニンの分泌が活性化するほど、睡眠の質が高まり、
その結果、卵子の質を高め、不妊体質を改善できるということになるのです。

「メラトニン」の分泌を促す方法

ただ、メラトニンはいつでも都合良く分泌されるものでは
ありません。先ほど説明したように暗くなったときに、分泌が活性化します。

そして、人間の身体機能において、メラトニンの分泌が最も生じやすい時間帯は、
夜の10時から深夜の間と言われています。

従って、なるべく夜の10時に眠り、かつ部屋をなるべく暗くして眠ることにより、
メラトニンの分泌を活性化することができるようになります。

日本ではメラトニンを含んだサプリは薬事法で認められていないので販売されておりませんが、
海外ではすでに販売されております。
最近では、不妊治療にメラトニンの服用を勧めているお医者さんもおりますので、
メラトニンサプリに興味をもつ方も増えています。

しかし、メラトニンを過剰に摂取すると、月経不順の恐れがあるとも言われています。

詳しい原理は解明されていないですが、もし、メラトニンサプリを
海外から取り入れて服用するときは、医師と十分に相談することをお勧めしています。

いずれにしても、いきなりサプリや薬に頼りすぎるのではなく、
生活習慣を変えることが大事です。
現代人の多くは、仕事や家事の忙しさから、
夜は遅くまで起きているケースがとても増えています。

夜の睡眠の質を高めることでメラトニンの分泌を自然に促していくことが望ましいと思います。


すずらん鍼灸院コラム



鍼灸治療での改善例

痛み、しびれ、体調不良などでお悩みの方にお勧めしたいのが鍼灸治療です。
鍼灸治療は自律神経を整え、免疫力を向上させるので体質改善につながります。
ここでは鍼灸治療により、改善された方々のお喜びの声をご紹介いたします。

自律神経失調症とストレス

自己診断チェック

自律神経に効くツボ

鍼灸治療

女性ホルモン

具体的な症例

芸能・著名人の克服体験


お気に入りに追加

通院エリア

東京都
足立区荒川区文京区葛飾区、大田区、北区、江東区、江戸川区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、練馬区、中野区、板橋区、港区、目黒区、
千葉県
松戸市柏市、千葉市、我孫子市、野田市、市川市、船橋市、習志野市、浦安市、流山市、鎌ヶ谷市、八千代市
埼玉県
八潮市三郷市草加市越谷市、吉川市、川口市、岩槻市、さいたま市、春日部市、戸田市、蕨市、さいたま市、所沢市、秩父市、幸手市、久喜市、白岡市、蓮田市
神奈川県
川崎市 横浜市 藤澤氏 厚木市 相模原市
茨城県
つくばみらい市 守谷市 取手市 つくば市 牛久市 龍ヶ崎市 土浦市 かすみがうら市
栃木県
宇都宮市 小山市 栃木市 矢板市

すずらん鍼灸院