すすらん鍼灸院コラム

トップ > コラム一覧 > 女性のハイヒールと腰痛

女性のハイヒールと腰痛の関係

女性の腰痛について

腰痛は女性に多い症状と言われます。

女性は男性と比べて、生理や妊娠などを経験するため、
身体の急激な変化を一生に何度も経験されることになり、
それだけ身体に負担がかかるようになります。

女性が腰痛を感じる時は、「生理や更年期障害によりホルモンバランスが乱れた時」、
「妊娠、出産後」、 あるいは「ストレスが溜まった」時が多いようです。

又、出産で骨盤が歪んだ状態で子供を抱っこしたりするので、
腰に負担がかかり、腰痛を引き起こしやすくなります。

ハイヒールと腰痛の関係腰痛について

女性はハイヒールを履くことが多いですが、
ハイヒールも腰痛の大きな原因の一つとされています。

確かに、女性にとっておしゃれは大切なことであり、靴もファッションの一つです。

そして、ハイヒールを履くと足が長く見え、スタイルが
よくなったように見えるため、ハイヒールを履きたくなるのも確かに頷けるのです。

しかし、ハイヒールを履くと踵(かかと)が上がり、
身体が次第に前に傾いていきます。

そこで、姿勢をまっすぐに戻そうとするため、
常に腰に負担がかかった状態になり、腰の筋肉が疲労し、痛みを生じるようになるのです。

これを、「ハイヒール腰痛」と言っても良いかもしれません。
特にかかとが細く長いほど、腰痛を生じやすくなります。

そして、腰だけでなく、骨盤や腰を安定させる足首の筋肉も細くなるため、
さらに腰痛を悪化させてしまうのです。

ハイヒール腰痛を防止するために

おしゃれももちろん大切ですが、日常生活に支障をきたすほど、
腰痛がひどくなるのも困りものです。

仕事上、どうしてもハイヒールを履く必要がある場合は、
靴の下にクッションを敷き、腰への負担を軽減することをお勧めしています。

そして、通勤時にはなるべくスニーカーやかかとの低い靴を履くようにして、
職場でハイヒールを履くようにすれば、腰への負担を軽減することもできるようになります。

ハイヒールを脱いだ後、腰痛にならないように、
ストレッチなどの血行促進を促す運動を行い、腰痛予防を行うと良いでしょう。

又、ストレッチや鍼灸治療などにより、
緊張した腰周りの筋肉を定期的にほぐすことで、
慢性的な腰痛を予防することも可能になります。

すずらん鍼灸院コラム

自律神経失調症でお悩みではありませんか?


自律神経失調症とストレス

よくある症状

自己診断チェック

ストレスチェック

自律神経に効くツボ

自律神経失調症と鍼灸治療

女性ホルモン

誤診されやすい病気

芸能・著名人の克服体験

通院エリア


本格診断チェック

かんたんセルフチェック

レディース鍼灸院

不妊症