すすらん鍼灸院コラム

トップ > コラム一覧 > 低体温体質と不妊症

低体温体質は不妊症を招く?

低体温と妊娠しやすい身体との関係

低体温のイメージ写真

どちらかと言えば、低体温体質は見逃しがちになり、基礎体温を日常からつけている女性でないと、ご自分が「低体温体質であること」に気づかないことが多いです。

冷えの場合には、明らかに自覚症状が現れるのですぐに気づきやすいのですが、低体温の場合は自覚症状が現れないので、どうしても気づくのが遅くなってしまいます。

「以前と比べて病気がちになったな」と思っても、それが「低体温体質からくるもの」と、すぐに気づく方は少ないと思います。

このように低体温状態は、病気の状態ではありませんが、
「健康体である」とはい言いかねるものがあります。

特に、生まれつき低体温体質でないにもかかわらず、
いつのまにか低体温体質に変わった場合には、
何らかの病気のシグナルである可能性が高いわけです。

妊娠を希望される女性は、基礎体温表をつけることが多いと思いますが、
基本的に、きれいな基礎体温グラフを描けるように妊娠しやすい身体を作ることを目的としています。

もし、基礎体温表に低体温などの異常が見られた場合には、
ホルモンバランスに異常を生じている可能性があります。

低体温と不妊症について

妊娠するためには、成熟した卵子がどうしても必要になります。
成熟した卵子が育つためには、
基礎体温表が高温期と低温期の2相に分かれている必要があります。

参考記事 → 妊娠のための理想的な基礎体温グラフ

ところが、低体温体質の女性は、高温期と低温期の温度差がなく、
はっきりとした二相に分かれにくいという傾向が見られます。

そのため、女性ホルモンの機能が十分に働かず、卵子の質の低下を招いたり、
あるいは排卵そのものが行われない(無排卵)場合があります。

妊娠は、成熟した卵子ができてこそ、実現できるのです。
このような背景から、低体温体質は、不妊症になるリスクが高いということになります。

なお、生まれつき、低体温体質という女性もおりますが、
低体温体質だからといって、必ず不妊体質になるというわけでもありません。

生まれつき低体温体質の場合は、きれいな2相の基礎体温表が
描け、かつ身体を冷やさないための日頃の工夫はやはり必要になります。

参考記事 → 低体温体質の基礎体温グラフ


すずらん鍼灸院コラム



鍼灸治療での改善例

痛み、しびれ、体調不良などでお悩みの方にお勧めしたいのが鍼灸治療です。
鍼灸治療は自律神経を整え、免疫力を向上させるので体質改善につながります。
ここでは鍼灸治療により、改善された方々のお喜びの声をご紹介いたします。

自律神経失調症とストレス

自己診断チェック

自律神経に効くツボ

鍼灸治療

女性ホルモン

具体的な症例

芸能・著名人の克服体験


お気に入りに追加

通院エリア

東京都
足立区荒川区文京区葛飾区、大田区、北区、江東区、江戸川区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、練馬区、中野区、板橋区、港区、目黒区、
千葉県
松戸市柏市、千葉市、我孫子市、野田市、市川市、船橋市、習志野市、浦安市、流山市、鎌ヶ谷市、八千代市
埼玉県
八潮市三郷市草加市越谷市、吉川市、川口市、岩槻市、さいたま市、春日部市、戸田市、蕨市、さいたま市、所沢市、秩父市、幸手市、久喜市、白岡市、蓮田市
神奈川県
川崎市 横浜市 藤澤氏 厚木市 相模原市
茨城県
つくばみらい市 守谷市 取手市 つくば市 牛久市 龍ヶ崎市 土浦市 かすみがうら市
栃木県
宇都宮市 小山市 栃木市 矢板市

すずらん鍼灸院