すすらん鍼灸院コラム

トップ > コラム一覧 > 睡眠時間と体温の関係

睡眠時間と体温の関係

睡眠時間と低体温について

近年、「体温を上げることが健康に良い」ということで、
身体を温めることがブームになっております。

低体温体質となり、基礎体温が安定しない主な理由として、
「食生活の変化による栄養の偏り」、「運動不足」、「ストレス」
などがあげられていますが、もう一つ忘れてはならない要素があります。

それが睡眠になります。

以前、ある研究調査によれば、脳を最も活発な状態に維持するためには、
約7時間半の睡眠が必要という報告がありました。

現代人の睡眠時間は一昔前と比べて1時間以上も短くなっており、
平均6時間台に突入しています。
中には、平均睡眠が4時間という方も、珍しくなくなりました。

この平均睡眠時間の減少に伴って、増えてきたのが低体温体質です。
このように睡眠時間と低体温には、何らかの因果関係があるのです。

睡眠の質を高め、体温を上げるコツ

ここで、最も大切になるのが睡眠の質になります。
睡眠の質が悪いと、いくら睡眠をとっても脳や身体の細胞の疲れがとれなくなります。

睡眠の質を高めることは、健康生活の第一歩です。

睡眠不足になると、肌荒れや記憶力が衰えてしまうことは、
多くの方はご存知かと思います。

睡眠は、ホルモン分泌や内臓諸器官の機能を整え、
疲れた脳や神経、細胞に休息を与える大切な時間でもあります。
又、免疫力がもっとも高まる時間が、夜の22時以降とも言われています。

この時間帯に内臓や細胞の修復が活発になり、
肌荒れや疲れた内臓、脳の働きを正常に整えているのです。

このように、質のよい睡眠は、免疫力を高め、体温を上げる効果があります。
その結果、乱れた基礎体温も改善されるようになります。

もし、低体温で悩んでいるのでしたら、
一度は、睡眠の質を見直してみるのも良いかと思います。

参考記事 → 不妊克服は夜10時の睡眠から|すすらん鍼灸院コラム


すずらん鍼灸院コラム

自律神経失調症でお悩みではありませんか?


自律神経失調症とストレス

よくある症状

自己診断チェック

ストレスチェック

自律神経に効くツボ

自律神経失調症と鍼灸治療

女性ホルモン

誤診されやすい病気

芸能・著名人の克服体験

通院エリア


本格診断チェック

かんたんセルフチェック

レディース鍼灸院

不妊症