自律神経失調症の鍼灸治療の手順

トップ > 鍼灸治療の手順

自律神経失調症の鍼灸治療の手順

鍼は太いって本当?

「自律神経失調症に針治療が良い」ことを聞いて、
鍼灸治療をお受けになる方が増え始めています。

初めて鍼灸を試すことを検討している患者さんの中には、
どのような鍼を使い沢山うたれるのかな?治療をして効果は
どの位あるかな?と不安に感じている方がほとんどです。

一昔前の漫画やアニメにあったように、「極太の
鍼を体の深い位置まで刺してくる」というイメージを
持たれている方も多いです。

しかし、鍼は髪の毛より細いものを使用し、1,2ミリの刺入なので体の
奥深くまで刺すことはありません。
又、全て使い捨てですので感染の心配もありません


鍼治療は痛くない?

「鍼を打った時は痛い」というイメージを持たれている
人方もいますが、想像しているほどの痛みはないので心配いりません。

治療中に気持ちよくなって眠ってしまう方が多いです。
それは自律神経が調整されてきてるからです。

治療にかかる時間は、体質や治療方針によって違いがあるものの
一般的には1時間が目安になります。


鍼灸治療の一般的な手順


ここで、鍼灸治療の一般的な治療手順を紹介します。

手順1:問診表の記入

問診表に今の健康状態や治したい内容などを記載します。

手順2:脈診

脈に触れて脈拍の強さや早さ、リズムを確認して
体の悪い部分を確認します。

手順3:ツボを決める

体の悪い部分を改善するための鍼を打つツボを決めます。
ツボに鍼を打つ前に、筋肉の硬さをチェックします。

手順4-1:鍼灸治療(鍼を打つ)

脈に合ったツボに鍼を施します。
鍼は衛生面を考慮して、使い捨て鍼を使用するのが一般的です。

手順4-2:鍼灸治療(血液の循環)

血液が心臓から出て、体を巡って心臓に戻るまでに30分かかります。
その間、そのままベッドの横になってゆったりしています。

手順5:今後の治療方針、カウンセリング

今後の治療方針を説明します。
治療院によってはカウンセリングを行い、生活習慣に関する
アドバイスを行うこともあります。


鍼灸治療はオーダーメイドによる治療を行う

このように鍼灸治療は、西洋医療のような特殊な医療設備を使うことは
なく、治療もシンプルなので、大きなストレスを感じることもありません。

鍼灸は、西洋医療のように同じ検査法、同じ薬を使うと
いうことはなく、患者さんの体質や健康状態によって、治療
方針を変えていきます。


つまり、お一人お一人に対してまったく違ったオーダーメイドによる治療を
行っていきます。どのツボを選ぶかについては、先生の経験と知識に
よって変わっていきます。

治療が終わった直後、治療前と比べて体が劇的に回復していることに
感激する方がほとんどです。

このように、鍼灸院は、鍼が始めての方でも安心して治療を受ける
ことのできる環境が整っています

関心のある方は、一度鍼灸をお試しされると良いかと思います。


自律神経失調症と鍼灸一覧

自律神経失調症でお悩みではありませんか?


自律神経失調症とストレス

よくある症状

自己診断チェック

ストレスチェック

自律神経に効くツボ

自律神経失調症と鍼灸治療

女性ホルモン

誤診されやすい病気

芸能・著名人の克服体験

通院エリア


本格診断チェック

かんたんセルフチェック

レディース鍼灸院

不妊症