自律神経失調症の鍼治療における好転(瞑眩)反応について

トップ > 自律神経失調症の鍼治療における好転反応

自律神経失調症の鍼治療における好転反応について

好転反応は体の悪い状態から正常な状態に戻すときに起きる症状

鍼灸や漢方治療を初めて受けたときに、先生によっては
「好転反応が起きることがある」と言われることがあります。

好転反応は、別名、瞑眩(めんげん)反応とも言われます。

治療を行った後に一時期、倦怠感や眠気、下痢や発熱が
起きることがありますが、これは体に鬱積していた老廃物が
血液を通して排斥されることから起きる症状です。

これは、体の不調の原因となっていた疲労物質が体外に排出し、
体を正常に戻そうとする力が働いている状態と言えます。

つまり、体が悪い状態から良い状態に好転しようとしていることから
「好転反応」と言われ、東洋医学ではこれを瞑眩反応と呼びます。


好転反応で起きる体の不調

好転反応で起きる主な症状は下記のとおりです。

■ふらつき、めまい
■だるさ、倦怠感
■頭痛、発熱
■下痢、便秘
■発刊
■眠気
■のどが渇く

好転反応は、全ての人が起きるというわけではありません。
ただ、体の悪い状態が長く続き、体内の疲労物質が多く蓄積
されている場合、好転反応が起きやすい傾向があります。


好転反応はなぜ起きるか、どのくらい続くか

好転反応は、長い間疲労し凝っていた筋肉や関節がほぐれ、
滞っていた疲労物質が血液を通して排出するようになります。

悪い体の状態で慣れてしまった体が、新しい環境に適した
体に戻ろうと働き出すようになります。

つまり、長い生活習慣でつくられ、その状態に慣れてしまった体の
悪い状況から正常な状態に戻そう、傷ついた細胞を修復しようと
体が強く反応している状態と言えます。

中国古来では、「瞑眩せざればその病癒えず」という諺の
ようなものがあります。
好転反応が起きてもそれほど心配せず、体が良き方向に向かって
いると考えればよいのではと思います。

ちなみに好転反応の期間は、1~3日で収まるのが一般的です。

好転反応なのか、体が悪くなっているのかの見分け方

好転反応が起きやすいかどうかは、治療院にも違いがあります。

但し、好転反応が起きれば体が正常に戻っていて、好転反応が
起きなければ治療効果がないという一律的なものでもありません。

体の悪い状態が軽度であれば瞑眩反応は起きにくく、先生の腕が
良ければ瞑眩反応を最小に抑えつつ、治療効果を最大に
高める治療を行う先生もいます。

サプリの営業や国家資格のない整体師は医療行為を行えず、
「好転反応」という言葉を使うことはできません。

もし、サプリの営業マンや整体師が「好転反応」を乱用する
場合には、やはり気をつけるべきと思います。

また、「今の症状が好転反応によるものなのか」、それとも
「症状が悪化しているか」を区別するには、3日経過しても
症状が回復しないかどうかで判別できます。

好転反応は最長で3日です。もし、治療効果に不安を感じた
場合にはしっかりした専門医に相談するとよいでしょう。

自律神経失調症と鍼灸一覧

自律神経失調症でお悩みではありませんか?


自律神経失調症とストレス

よくある症状

自己診断チェック

ストレスチェック

自律神経に効くツボ

自律神経失調症と鍼灸治療

女性ホルモン

誤診されやすい病気

芸能・著名人の克服体験

通院エリア


本格診断チェック

かんたんセルフチェック

レディース鍼灸院

不妊症