すすらん鍼灸院コラム

トップ > Q&Aコーナー >妊娠後の自律神経の状態

妊娠した後、自律神経の状態が良くないような気がします。
毎日がとても辛いです。

妊娠後に、体調不良や精神的な異常を訴える女性は多いです。
自律神経の異常を訴える女性は、「一人目の時に生じる」
ケースもあれば、「一人目は大丈夫でも、二人目の時に生じる」ケースもあります。

妊娠後の身体の不調として有名なのが、「マタニティブルー」です。
「つわり」という症状も良く知られています。

「つわり」、あるいは「マタニティブルー」は、軽いうつ病に似た症状を訴えるようになります。

つわりは、マタニティブルーの症状の一つに入っていますが、 あまりにも症状が良くない場合には、生殖器官などに異常を生じていることがあります。

いずれにせよ、その症状が本当に自律神経の異常によるもの なのかについては、ご質問だけでは判断しにくい面があります。

ご自分で判断せず、まずは専門医での診断をお受けになられ、
正しい治療を行う必要があります。

マタニティブルー(つわりも含む)の症状であれば、
「重病を患ったのでは」と不安になる女性もおりますが、
同じ症状で悩んだ経験をお持ちの女性は数多くおります。

一人で悩むことなく、過去に妊娠を経験している女性などに
思い切って相談することで、精神的にもずいぶん開放されると思います。
実際に、人に相談した後に、辛い症状が緩和されたという事例も多いです。

精神的なストレスが日々蓄積されていき、
マタニティブルーのような症状をより悪化させていることも多いのです。

このように、妊娠中の身体の不調は、
精神的な不安が重なるほど悪化する傾向があるので、
むしろ、「もっとリラックスしよう」 と心がける必要があります。

症状が悪化して、本当にうつ病や心身症などの疾患を患うケースがあります。

その場合は、薬による投与が必要になるかもしれません。
胎児への影響を考えると薬の使用は、本来なら、避けたいものです。

産婦人科の先生ともしっかり相談し、十分理解した上で、
薬を投与するかどうかの判断をされることをお勧めしています。

自律神経失調症でお悩みではありませんか?


自律神経失調症とストレス

よくある症状

自己診断チェック

ストレスチェック

自律神経に効くツボ

自律神経失調症と鍼灸治療

女性ホルモン

誤診されやすい病気

芸能・著名人の克服体験

通院エリア


本格診断チェック

かんたんセルフチェック

レディース鍼灸院

不妊症