すすらん鍼灸院コラム

自律神経失調症を克服しよう - 自律神経失調症ガイド
トップ > Q&Aコーナー > 妊娠と自律神経失調症


医師に自律神経の病気と診断されました。
妊娠を希望していますが、無事妊娠できるのでしょうか。
それから妊娠しても大丈夫なのでしょうか?

院長写真

自律神経系の疾患を患うと、不定愁訴と呼ばれる身体の様々な異常を生じるようになります。

参考記事 不定愁訴とは

不定愁訴とは、検査をしても身体の臓器や器官などに異常が見られないにも関わらず、
身体の様々な不調を訴える症状を言います。

病院で検査して身体に異常がない場合、症状だけを見れば、決して妊娠できない体質ということにはならないでしょう。
自律神経と不妊体質はまったく関連性がないとは言い切れない面があります。

なぜなら、自律神経に異常を生じると、血行が悪くなり、 生理不順や冷え性などを生じやすくなるからです。

生理不順になると、基礎体温にも乱れが生じます。
基礎体温の乱れにより排卵周期が乱れ、時には、無排卵症状を生じることがあります。

又、血行が悪くなるため、生殖器官への血流が悪くなり、生殖器官を冷やしてしまう大きな要因にもなります。

このように、自律神経系の疾患を患っているからといって、
妊娠できないということにはならないのですが、
不妊体質を促進する原因の一つとなっています。

もし、妊娠を希望しているのであれば、医師にしっかり
「妊娠したい」ということをお話する必要があります。

意外にも他の病院で治療を受けている女性は、医師に、
「妊娠を希望している」ということをお話ししないで、
診察を受けているケースが多いのです。

自律神経系の疾患を患っている患者さんは、外見上は、
まったく健康そのものに見られてしまうことがあります。

実際は、見た目は健康そうに見えても、本人はとても辛く、
「とんでもない重病を患っているのでは」と思っている患者さんも多いのです。

仮に「無事、妊娠できた」としても、「これまで投与していた
お薬を妊娠後も本当に飲み続けて良いのか」、「薬のない生活に耐えられる
どうか」という問題もあります。

妊娠すると、薬は胎児に悪影響を及ぼす危険性があるため、
これまで飲んでいた薬は、やはり飲みにくくなるのではと思います。

精神状態が極度に悪い場合には、妊娠しても赤ちゃんを
育てられないこともありますので、妊娠してよ良いかどうかについては、
必ず、専門医のアドバイスをお受けになられることをお勧めしています。



鍼灸治療での改善例

痛み、しびれ、体調不良などでお悩みの方にお勧めしたいのが鍼灸治療です。
鍼灸治療は自律神経を整え、免疫力を向上させるので体質改善につながります。
ここでは鍼灸治療により、改善された方々のお喜びの声をご紹介いたします。



自律神経失調症とストレス

自己診断チェック

自律神経に効くツボ

鍼灸治療

女性ホルモン

具体的な症例

芸能・著名人の克服体験


体験会

お気に入りに追加

通院エリア

東京都
足立区荒川区文京区葛飾区、大田区、北区、江東区、江戸川区、品川区、渋谷区、新宿区、杉並区、墨田区、世田谷区、台東区、中央区、千代田区、練馬区、中野区、板橋区、港区、目黒区、
千葉県
松戸市柏市、千葉市、我孫子市、野田市、市川市、船橋市、習志野市、浦安市、流山市、鎌ヶ谷市、八千代市
埼玉県
八潮市三郷市草加市越谷市、吉川市、川口市、岩槻市、さいたま市、春日部市、戸田市、蕨市、さいたま市、所沢市、秩父市、幸手市、久喜市、白岡市、蓮田市
神奈川県
川崎市 横浜市 藤澤氏 厚木市 相模原市
茨城県
つくばみらい市 守谷市 取手市 つくば市 牛久市 龍ヶ崎市 土浦市 かすみがうら市
栃木県
宇都宮市 小山市 栃木市 矢板市

すずらん鍼灸院