風府ツボ押しで、後頭部の痛みをスッキリ解消

トップ > ホルモンの働き

自律神経失調症の症状を和らげる風府ツボ

後頭部の痛みを和らげるツボ~風府

頭痛や風邪の初期症状の緩和に効果的なツボ、風府(ふうふ)

自律神経失調症の症状の緩和に、直接関係ありませんが、
ここで取り上げたいツボが風府です。

風府(ふうふ)の「府」という単語には、集まるという意味があります。

つまり、風府とは、身体の中に侵入した風邪の菌が集まる場所ということになります。
その名のとおり、風府を刺激することで、風邪の菌を体外に追い出す働きがあるのです。

また、風府は、頭痛、特に後頭部の痛みを緩和して緊張をほぐす作用があり、
気管支や肺の働きの活性化にも良いとされています。

風府(ふうふ)の位置

風府

風府は、後頭部と首の境目の太い二本の筋肉に挟まれたくぼみ、つまり、髪の生え際の中央から少し上に位置する場所にあります。 (右図参照)


風池、天柱ツボの同時押しで効果抜群!

風府(ふうふ)ツボの押し方

風府ツボの効果的な押し方は、次のとおりです。

後頭部頭全体を両手で押さえながら、左右の親指でツボに当て、
首の中心へ向かって、「押す」→「揉む」→「押す」→「揉む」・・・
を5~10回ほど繰り返します。

押す時の時間は5秒ほど、押す強さは痛くない程度でOKです。

もし、頭がぼんやりとしていた場合にこのツボを刺激して
みると、頭がスッキリしてくることがわかるかと思います。

風邪はもちろん、高血圧が原因で生じた頭痛の緩和にも有効です。

頭痛持ちで、眠れないときなどにも、風府を刺激することで頭がスッキリし、
リラックスした眠りにつくことができます。

風府ツボの近くには、自律神経失調症に効果があると言われる
「風池」や「天柱」と呼ばれるとツボが存在します。

自律神経失調症に効く他のツボと同時に刺激することで、
不快な症状をより緩和することができるでしょう。

自律神経失調症でお悩みではありませんか?


自律神経失調症とストレス

よくある症状

自己診断チェック

ストレスチェック

自律神経に効くツボ

自律神経失調症と鍼灸治療

女性ホルモン

誤診されやすい病気

芸能・著名人の克服体験

通院エリア


本格診断チェック

かんたんセルフチェック

レディース鍼灸院

不妊症